夜間に寝るとき足がむずむずする原因はこれ

 

 

夜間の寝るときに足がむずむずして眠れず睡眠障害になる方は、むずむず脚症候群にかかっている可能性がありますので、病院で血液検査を受ける必要があります。

 

この症候群になると頻繁に手足に痛みや痒みが生じてしまい、止まらない寝るときの痒みがストレスとなって鬱病や睡眠障害などの二次被害を及ぼしてしまいます。

 

そうなる前に適切な治療を行うことが重要です。

 

この症候群を解決するための方法としては、日常生活からカフェインやアルコールを排除するのが良いです。

 

というのはカフェインなどの成分は自律神経を刺激することで、ドーパミンが正常に働かなくなってしまいますので、症状が重くなってしまうためです。

 

また生活リズムを整えることも重要で、十分な睡眠をとることでストレスを軽減し二次被害を抑えることができますし、運動やマッサージを適度に行うことによって血行の流れをよくすることができます。

 

より直接的に治療する方法としては、鉄分を摂取することによりドーパミンの働きを正常にするというものもあります。